かまって「ひろちゃん」は、赤ちゃんを“あやす”ことによって癒やしの効果が得られる、新しい「ヒーリングコミュニケーションデバイス」です。

NEWS

株式会社ライダウェイが
JAIST「北陸先端科学技術大学院大学発ベンチャー」の
称号を授与されました。

「主役は人」のDX

ライダウェイは「一緒に幸せに。笑顔豊かな社会を共創しよう。」を理念に
デジタルトランスフォーメーション(DX)で、人の暮らしと社会を豊かにする
新たな共生時代のソリューション、サービスの共創・提供を行う会社です。

VISION

ロボティクス、医療ネットワーク、VR等を活用してDXを推進する。

Medical
Education

医療現場・教育現場の
発展に寄与する。

Area
Management

都市開発・地方創生
エリアマネージメントを
促進する。

Entertainment

エンタメ
オンラインコミュニケーションを
活性化し新たな価値を創出する。

Robotics

ロボティクスサービスにより
社会と個人の課題解決を
サポートする。

solution

VRマルチビューアー
スイッチングシステム

VR Multi viewer Switching System

ICTと360度カメラ等を活用して、オンライン環境において、映像・情報発信し、ユーザーの意志により、
より多くの視野・視点を自在に簡単にチョイスして、観覧・閲覧できるシステム環境を提案・開発します。
企画、配信環境の設営、コンテンツの制作、サービス提供もサポートします。

事業パートナー

Business partners

  • 医療分野イメージング質量分析の受託事業・
    アンチエイジング事業

    株式会社プレッパーズ国立大学法人浜松医科大学発ベンチャー

  • ロボティクス分野ロボット開発

    ヴイストン株式会社

  • ICT分野WEB制作/マーケティング

    有限会社オブユース

PURPOSE

設立の背景と目的

超高齢化社会を迎える日本では、医療や介護、認知症対策の必要性が確実に高まっています。医療現場、及び、医療従事者を育てる教育現場の変革、そして介護者、要介護者を抱える人たちへのサポート・サービスは、21世紀の日本社会の最も大事な課題の一つであります。
また、生活様式と価値観の変化に対しても、テクノロジーを活用した「新たな環境とサービス」の社会実装が推奨・推進されています。

「株式会社ライダウェイ」は、国立大学法人浜松医科大学発のベンチャー企業第一号「株式会社プレッパーズ」、ロボット開発会社「ヴイストン株式会社」とパートナーシップを構築。両社のリレーション及び知見と、コミュニケーションロボットの社会実装や映像制作で、クールジャパン地域プロデューサーとして実績のある「株式会社ライダウェイ」代表取締役達山源市のネットワークを活かし、社会が抱える課題に対して、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」で、人の生活・社会を豊かにする新たな共生時代のソリューション・サービスを共創・提供していく予定です。

続きを読む

会社概要

会社名
株式会社ライダウェイ
代表取締役
達山源市
取締役
大和信夫
取締役
牧野浩之
監査役
瀬藤光利
住所
〒550-0011
大阪市西区阿波座1-5-10 
福島ビル南館3階
資本金
500万円
設立
2020年9月

お問い合わせ